AIへの取り組み

ケアストリームでは、AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術を使用し、放射線検査や画像診断のワークフローの効率化を目指しています。ITEM2019では、画像診断、画像解析を中心とした開発中の技術や、応用イメージをご紹介いたします。

Healthcare Information Technology
Digital Output

PACS・VNA

読影業務を効率化

ケアストリームのPACSは、撮影画像の参照から、3Dデータの表示・解析までを実現する読影対応のオールインワンビューア。自動位置合わせ、病変管理や、多数の解析機能で読影業務を効率化します。

  • ワークフローオーケストレーター(読影優先順位の自動決定)
  • 自動位置合わせ(レジストレーション)
  • 病変管理
  • PET/CT
  • CTパフュージョン
  • マンモグラフィ
  • 読影レポートへの画像リンク挿入
  • PACS画面の共有、チャット

診断RIS・治療RIS

医療安全と業務の効率化

医療安全や情報共有に配慮し、さまざまな検索・統計機能も備えています。診断RISだけでなく治療RISもラインナップしています。

  • プレチェックによる効率的な情報共有
  • 未読レポート管理によるリスク低減
  • RISでのRI薬剤管理
  • 日常点検等の機器管理
DRX-Ascend X-ray System
CARESTREAM DRX-Revolution Mobile X-ray System

クラウド

世界規模のサービスと強固なセキュリティ環境

PACSバックアップというシンプルなご要望から、関連施設との画像の共有や読影の連携といったクラウドデータの活用まで、ご要望に応じて必要な機能を、必要な範囲でご提供します。

  • データバックアップ
  • 施設間連携
  • 院外からの画像参照
  • 紹介画像オンライン共有

ご来場予約

最新の製品/サービスをご紹介させていただきます。 ご都合に合わせて是非ご予約いただきますようお願いいたします。

開催概要

ITEM2019 国際医用画像総合展

[会場]

パシフィコ横浜( 展示ホールA・B・C・D)

[会期]

  • 4月12日(金) 10:00-17:00
  • 4月13日(土) 9:30-17:00
  • 4月14日(日) 9:30-15:00
パシフィコ横浜( 展示ホールA・B・C・D)