著作権侵害に対する申し立て方法と注意

著作権侵害に対する申し立て方法と注意 
本Webサイトおよび関連の著作権侵害に対する申し立ては、次のケアストリームヘルス社の著作権エージェントに対して郵送にて行ってください。
          ケアストリームヘルス
          Attn: Legal Department
          150 Verona Street
          Rochester, NY 14608

通知:円滑に処理が行われるように、通知には以下の項目をご記入ください。

侵害を申し立てる権利所有者の代理人に任命された人物の自筆による、または電子的な署名。
侵害を申し立てる著作物の識別情報、または単一のオンラインサイトに対する複数の著作物に対する申し立てを行う場合は、それらを明記した一覧表。
侵害を申し立てる素材のIDまたは侵害している行為の主題、および削除またはアクセス禁止にすべき対象、およびケアストリームヘルス社がその素材を識別するために十分な情報。
住所や電話番号など、ケアストリームヘルス社が申立人に連絡を取るために必要な情報、可能ならば電子メールアドレスも。
申立人が、当該素材の使用が、著作権所有者、代理人、法律などにより許可されていないことを示す根拠となる条文。
申し立て内容に記載されている情報が正しいことを示す文章、および申立人が侵害されている著作権の所有者から排他的な代理権を与えられており、虚偽の記載があった場合偽証罪に問われることを確認する文章

以上の1~6の情報が記載された書面による申し立てが届いた場合、当社は以下の対処を行います。
ケアストリームヘルス社は、侵害の申し立てがあった素材を削除するか、またはアクセスを禁止します。
ケアストリームヘルス社は、訴えられている著作権侵害者(「被告」)に対して書面を転送します。
ケアストリームヘルス社は、被告に対して、素材が削除された、またはアクセスが禁止されたことを即座に通知するために、妥当な手段を行います。

申し立てへの抗弁:申し立てへの抗弁は書面により、ケアストリームヘルス社が指定するエージェントに送付する必要があります。書面には、以下の事項を記載する必要があります。
侵害者の自筆による、または電子的な署名。
削除またはアクセス禁止にされた素材の識別情報、および削除またはアクセス禁止される前に素材が表示されていた場所。i>
被告が、素材が勘違いや誤認により削除またはアクセス禁止にされたと信ずる根拠となる条文、虚偽がある場合は偽証罪に問われることを確認する文章。
被告の名前、住所、電話番号、および被告の住所地域を管轄する連邦地方裁判所、または被告が米国外に居住している場合は、ケアストリームヘルス社が妥当と判断した司法管轄権の裁判所に判断を委ねることに同意する文章、および申し立てを行った人物または代理人からの令状の送達を承諾する文章。

以上の 1~ 4の情報が記載された抗弁書が届いた場合、当社は以下の対処を行います。
ケアストリームヘルス社は申立人に抗弁書の複製をすぐに送達します。
ケアストリームヘルス社は申立人に、10営業日内に削除またはアクセス禁止された素材を元に戻すことを知らせます。
申立人が、ケアストリームヘルス社のネットワークまたはシステム上の素材に関する侵害行為を被告に中止させる裁判所命令を申請することをケアストリームヘルス社の指定エージェントに連絡しない限り、ケアストリームヘルス社は抗弁書の受領から10~14営業日内に、削除された素材を復元、またはアクセス禁止を解除します。