親会社、オネックス社について

 

オネックス社はカナダのトロント市に拠点を構える投資会社で、近年成長の著しい医療分野のみならず幅広い事業を手がけている。
トロント株式市場に上場しており、年間売上は約190億カナダドル(約1.9兆円)、総資産は約230億カナダドル。長期的観点で成長性のある分野での企業買収を行っており、企業の自主性を尊重し積極的な投資を行うことで事業を一層の成功に導いている。

オネックス社は、その中核企業であるオネックス ヘルスケア ホールディングス傘下に、買収したコダック ヘルス事業部の他、X線診断サービス事業、長期療養施設における介護士派遣サービス事業、緊急医療サービス事業を手がけており、コダック ヘルス事業部の売上を除く、ヘルスケア部門の年間売上は、約30億カナダドル(約3,000億円)に達しています。この他、航空機機体設計製造サービス事業、電子機器設計製造サービス(EMS)事業、金融サービス事業、シネマコンプレックス事業、顧客管理サービス事業を展開しており、それぞれの事業分野で成功を収めている。

オネックス社は、ヘルス事業においては、特にデジタル医療分野への投資を約束しており、投資の拡大は品質の向上、新製品導入サイクルの短縮と製品群の拡大、先端技術の導入による差別化製品の開発など、多岐にわたる好影響、好循環をもたらしている。競合他社にないヘルスケア全般のプロバイダーとなることを長期的な目標に掲げ、成功への青写真を描いている。

オネックス社のサイトはこちら